動画編集

付加価値を提供できない編集者は生き残れない

Pocket

こんにちは。
たらふくです。(@Tarahuku0831

先日こんなツイートをしました。

ホンネを言うと、数時間なにもする気にならないくらい相当悔しかったです。

いつも通り編集してるチャンネルをチェックしようと覗いてみたら更新頻度が上がっていて、自分が編集していない動画がいくつも並んでいました。

動画を見てみると、僕の編集をコピーしてたんですね。

恐らくですが、これまで僕がしていた動画を別の編集者さんに参考動画として提示して、僕より安い価格で外注してると。

もちろん誰も悪くないと思いますし、批判したいわけでもありません。

ただ、こうなってしまった原因を考えて今後の活動に活かしていかないといけないですし、このままだとまた同じことが起きて仕事がなくなってしまうという危機感を覚えました

今回の原因と次に起こすべきアクションを僕なりに考えました。

「ただの編集者」なら安く頼めるほうに依頼する

当然ですが外注する側としては、費用を抑えたいですよね。

同じ編集ができるなら、安いほうに依頼するのは当たり前です。

ここで考えないといけないのは、

・コピーできる編集に問題があったのか?
・「編集」以外の価値を提供できていたか?

この2点です。

要は、「だれでもできることしかしてなかったんじゃないの?」という問いが生まれたわけです。

コピーできる編集が原因ではない

あくまでも個人的な意見ですが、ある程度の登録者数のあるチャンネルでも、コピーできるくらいの編集をしているところはたくさんあります。

特にビジネス系のチャンネルは難しい編集はしてないですし、駆け出しの編集者だとしてもコピーできるものがほとんどです。

かと言って、コロコロ外注先を変えているかというとそんなことはないのかなと。

つまり、比較的コピーするのが簡単チャンネルでは、編集以外のメリットを発注者側に提供しなければならないということになります。

まぁ、どんなチャンネルでも言えることだとは思いますが。

エンタメ系であれば、そのチャンネルの雰囲気だとか出演者のキャラクターを把握していないと、コピーしようとしても持ち味を出せる編集はできないかも知れません。

特に編集によって大きく印象が変わるエンタメ系の場合は、多少価格は高くても自分の特徴や編集の塩梅を分かっている人に任せたいですよね。(安くても新規の人に任せるのは不安)

今回の僕の例で言うと、簡単な編集でしたし複雑なスキルは必要ないケースでした。

つまり考えるべきなのは『「編集」以外の価値を提供できていたか?』という点になってくるのかなと。

付加価値を提供できない編集者は生き残れない

付加価値とはなんでしょうか?

よく挙げられてるのが、

・提案力
・納品の速さ
・即レス
・チャンネルの運営に関わる
・サムネイル作成

このあたりですかね。

僕としては、上記3つは心掛けていました。
ただ、それでも結果的に価格の安い方に流れてしまいました。

では、下記2つの付加価値が提供できていれば継続してもらえていたのでしょうか?

現状、僕の知識やスキルでは難しいというのが正直なところです。

サムネイル制作のスキルはないですし、チャンネル運営のノウハウもありません。(2020/10/6時点)

では、次に僕が起こすべきアクションとしては
チャンネルの運営のノウハウ」「サムネイル作成」
この2つのスキルを学ぶことが必要になるのかなと思います。

まぁ、この仮説が正しいとは限りませんが、やってみないことには正解は分からないのでとりあえず動いてみようかなと。

「行動→失敗→仮説→行動…」このサイクルを回していけばいずれ正解にたどり着けるので。

全ては考え方次第

冒頭にも書いたように、めちゃくちゃ悔しくてへこみました。

でも、考え方次第でどうにでも状況は変えられると思っていまして。

今回のことがなければ、現状に満足してスキルアップをしようとすることもなかったかも知れないですし、いいきっかけになったと考えるようにしてます。

もし、クヨクヨしていたら落ちていくだけでしょうし、生まれ変わるきっかけだと考えたら今回のことはポジティブな出来事としてカウントできます

考え方次第で、表にも裏にもなるので切り替えて頑張っていきます。

息をするようにツイートできない理由前のページ

動画編集者が案件を獲得するための営業文の書き方【ポイントとNGなこと】次のページ

ピックアップ記事

  1. 動画編集者が案件を獲得するための営業文の書き方【ポイントとNGなこと】

関連記事

最近の記事

執筆者のつぶやき

  1. 動画編集

    動画編集者が案件を獲得するための営業文の書き方【ポイントとNGなこと】
  2. ブログ

    ブログ収益化は簡単!?初期費用を余裕で回収できるブログ講座BlogHacksを徹…
  3. 動画編集

    付加価値を提供できない編集者は生き残れない
PAGE TOP