飲み会には行きたくない!上司からの誘いを上手く断る方法6選




Pocket

こんにちは。

たらふく(@pjm90279768)です。

新年会・忘年会シーズンですが、みなさんは忘年会に参加したい派ですか?

僕は大嫌いで参加したくない派です。

参加したくないので当然断らなきゃいけないんですが、断り方が難しいんですよね、、、

『上司から嫌われるんじゃないか、、、』

『会社内で居場所がなくなるんじゃないか、、、』

『付き合いが悪いと思われる、、、』

 

こんなことを気にして、行きたくもない飲み会に時間を使うのは苦痛ですよね。

一発芸なんて要求されたらもう最悪です。

そこで今回は、上手い断り方をまとめたので参考にして見てください。

誘いを上手く断る方法

断り方を紹介しますが、自分の環境に合わせて断る理由を選びましょう。

人間関係が悪化しないように、低姿勢で断るのが基本になります。

体調不良

定番の断り方ですね。

数日前から体調不良の演技をしておくと信憑性が増します。

風邪を引いている設定の場合は咳をするとか、寒気やだるさがあることさりげなく伝えておきましょう。

もし演技ができないという場合は、『胃の調子が悪くて、、、』という設定もオススメです。

これなら症状が周りにバレることがないので、こちらのさじ加減でなんとでもなります。

注意

胃の調子悪い設定の場合は、数日前からガッツリ食べているところを見せないようにしましょう。

疑われてしまう原因になります。

家族の体調不良

これも定番ですね。

コツがありまして、『家族がインフルエンザで看病しなきゃいけないので、、、』というように具体的に伝えるのをオススメします。

『家族が風邪を引いてしまって、、、』だと風邪なんかでと思われてしまうので、具体的な病名を伝えるようにしましょう。

忘年会シーズンは12月なので、丁度インフルエンザが流行る時期ですよね。

具体的かつ旬な病名を使うことで、リアリティを出すことができます。

『自分しか看病できる家族がいないんです、、、』と付け加えるとさらにリアルになりますね。

注意

もし会社の人間と家族が知り合いの場合は、しっかり口裏を合わせておきましょう。

何かのきっかけでバレてしまう可能性があります。

最悪の自体にならないようにリスクは無くしておきましょう。

同窓会

『卒業以来なかなか集まれてないので、今回はそちらを優先させてください』と伝えるのがオススメです。

職場のメンバーとは毎日あっていますが、同窓会のメンバーとはなかなか会えないということを理解してもらえるように説明すると納得してもらいやすいです。

『楽しんできてね!』と言われたらこちらの勝ちですね。

旅行

『明日旅行で朝早いんです、、、』と説明しましょう。

どうしても今の時期じゃないとダメな場所であることを伝えるのがコツです。

後日『旅行どうだった?』と聞かれる可能性があるのでしっかり回答を用意しておきましょう。

お土産を買っておくと信憑性がますのでオススメです。

親戚の集まり

これはですねー、『親戚の集まりなんかで、、、』と思われがちです。

そこで、『今まで何度も断ってきたので今回は参加しないとヤバイんです、、、』と伝えましょう。

『両親からもいい加減参加しなさいと言われていて、、、』と付け加えるとリアリティが増しますね。

正直に言う

『飲み会の雰囲気が苦手で、、、』『お酒が弱くて楽しめないと思うので、、、』など、正直に行きたくない理由を言うのもアリです。

意外とこれで問題なく断れると言う声をよく聞きます。

この断り方をする場合は言い方が重要です。

今後の関係性に悪影響の無いように、相手に悪い印象を与えないよう十分に気をつけましょう。

 

まとめ

新年会や忘年会シーズンになると断り方で悩むと思いますが、この記事で書いた方法を使えばスムーズに断ることができます。

飲み会以外にも応用できるので試してみてください。

飲み会なんかで消耗せずに、自分の時間を大切に過ごしましょう。

では〜。








最強のブログ講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です