内向的な性格で幸せになる唯一の方法。外交的にならなくてもOKです




Pocket

こんにちは。

たらふく(@pjm90279768)です。

自分の内向的な性格に悩んではいませんか?

この記事で紹介する『内向的な性格のまま幸せになる方法』を実践すれば、この先内向的な性格で悩むことが無くなります。

なぜなら、僕自身とても内向的な性格ですが、実際に実践して今まで抱えていた悩みがなくなったからです。

しかも、メルボルン大学での研究で結論が出ているので信憑性が高いです。

この記事では、『内向的な性格を変える必要がない理由』、『内向的なまま幸せになる方法』、『内向的であることのメリット』を紹介します。

外交的な方が生きやすいイメージ

外交的な人の方が、幸せに生きているというのは多くの人が共通して持っているイメージだと思います。

外交的な人の特徴
  • 人当たりがいい
  • 愛嬌がある
  • 自分を表現するのが得意
  • 初対面の人と上手くコミュニケーションがとれる
  • 他人の感情に左右されにくい

他人に嫌われているかどうかを気にせずにコミュニケーションをとれるので、人間関係で消耗しにくい傾向があります。

それによって、人間関係が充実して幸せな人生を歩めるのではないかと昔から言われてきました。

しかし、2000年代に行われた研究によると、内向的な人が人間関係で消耗し、不幸になる傾向にあるわけではないことがわかってきました。

つまり、内向的な人が無理をせずに、ありのままの自分で幸せになることができるということなんです。

孤独なまま幸せになれるのは一部の天才だけ

とても難しい問題にのめり込んで、新しい発見や誰も成し遂げたことがないようなことに没頭している人は孤独な方が幸せになれるという研究結果もあります。

しかし、これは一部の天才のみで、基本的に友達と遊んだり人間関係が充実している方が幸せになれるという結果になっています。

では、どうすれば内向的なまま幸せになることができるのでしょうか。

内向的なままで幸せになる方法

メルボルン大学で349人の男女を対象にした幸福度に関する研究が行われました。

オーストラリアは移民が多く、349人の男女は

  • 58%が現地のオーストラリアで生まれた人
  • 42%が東南アジアから移住してきた人

でした。

この研究の意図は、生まれた国や文化的な背景、遺伝子によって内向的、外交的な価値観が変わるのではないかというものです。

オーストラリアは外交的な文化のある国です。

一方でアジア圏の国は遺伝子的に内向的な傾向があります。

例えば、日本人の9割はネガティブに物事を考えがちであることもわかっています。

この研究のポイントは、客観的にではなく自分自身が『外向性が足りていない』、『自分は内向的な性格である』、と感じているかで幸福度が変わるかどうかです。

どんな結論になったかというと、やはり生まれた国や文化が影響していることがわかったんです。

オーストラリアのような外交的な国で生まれた『内向的な人』は、自分のことを不幸だと感じているという結果になったんです。

逆にアジア圏の内向的な傾向の強い国で生まれた『内向的な人』、は不幸だと感じている割合が低かったんです。

つまり、内向的な性格でもそれを受け入れて、苦労をしていなければ幸福度に影響はないという結果になったんです。

内向的な人が幸せに生きていくための最終的な結論は、『内向的な性格を受け入れる』ことだったんです。

内向的な自分を受け入れる方法

では内向的な性格をどうやって受け入れればいいのか書いていきます。

その方法は2つあります。

1つ目は、『内向的な性格の魅力を知ること』です。

まずは自分の本当の能力を知ることが必要です。

例えば

  • 集中力が高い
  • 1つのことを成し遂げる力が高い
  • 分析能力が高い

これらのことを生かして強みにすればかなり生きやすくなるはずです。

2つ目は、『外交的な人がその性格で手に入れているものを技術で手に入れる』です。

例えば、外交的な人は初対面の人とコミュニケーションを上手に取ることができますよね。

人の感情に左右されないので、いろんな人に話しかけたり、仲良くなれたりします。

この能力を先ほど書いた、内向的な人の強みを使って手に入れることができれば何も問題なく生きていけますよね。

この2つを実践すれば自信がついて、ありのままの自分を受け入れやすくなります。

内向的な性格のメリット

 

これは先ほど書いた強みと似ています。

もう少し具体的に書いていきたいと思います。

  • 物事を熟考するので深い考えに至ることが多い
  • 人の話をよく聞く
  • 細部に集中力を向けることができる

まさにメリットだらけですよね。

他人の感情に敏感なので、人が気がつきにくい所にもよく気がつきます。

その他にもしっかり話を聞いているので、相手に好印象を与えることができますよね。

細部に集中力を向けることができれば、職人などのクリエイティブな仕事をしていると大きなメリットになります。

これらの強みを生かして、内向的な自分を受け入れてあげてください。

まとめ

自分の強みを知って、内向的な性格を受け入れることが、幸せに生きるための唯一の方法です。

無理せずに外交的になろうとする必要は全くありません。

受け入れた上で、考え方を変え行動すれば幸せになれるというお話でした。

最後に、内向的な人に読んでほしい最高の本を紹介します。

めちゃくちゃオススメなので、興味のある方はポチってみてくださいね。








最強のブログ講座


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です